遺産相続に関連する手続き
遺産分割協議書の作成

ホーム > 遺産相続に関連する手続き > 遺産分割協議書の作成

被相続人(亡くなった方)の法定相続人が2人以上いる場合で、遺言書も無い場合、被相続人の遺産の分け方は、法定相続人「全員」の話し合いで決めることになります。その話し合いの結果(誰が、どの遺産を相続するか)を法的に整えて正式に書面で表し、相続人全員で署名し、実印で捺印したものが、「遺産分割協議書」です。

当事務所では遺産分割協議書の作成はもちろん、作成に至るまでの事前アドバイス(遺産分けの最善の方法、相続税はかかってしまうのか、等)もご提供致します。

POINT

法定相続人全員が同意するのであれば、どのような遺産の分け方をしても問題ありませんが、法的に重要な書類ですし、遺産の分け方のよっては後々予期せぬ問題が発生することもありますから、事前に専門家のアドバイスを受けておいた方がいいでしょう。

遺産分割協議書は何に使うのか?

遺産分割協議書は、一般的に遺産の名義変更手続きに使用します。具体的には

  • 不動産(土地、家、マンション等)の名義変更手続き(相続登記)
  • 預貯金口座の払い戻し、名義変更手続き
  • 株式等の名義変更手続き

などに使用します。

 

遺産分割協議書の作成を依頼したいのだけれど?必要な書類、費用等は?

POINT

遺産に不動産(土地、家、マンション等)があり、その名義変更手続き(相続登記)もあわせてご依頼をされる方は、「相続により、不動産の名義を変更する手続き(相続登記)」のページをご覧いただき、必要な書類、費用、報酬等をご確認ください。(この手続きの中に、遺産分割協議書の作成作業も含まれております。
相続により、不動産の名義を変更する手続き(相続登記)のページへ

POINT

遺産に不動産(土地、家、マンション等)がない方は、別途お問い合わせください。