遺産相続に関連する手続き
戸籍謄本取寄せ・預貯金相続手続き業務

ホーム > 遺産相続に関連する手続き > 戸籍謄本取寄せ・預貯金相続手続き業務

被相続人名義の預貯金の相続や不動産の名義変更など、各種相続の手続きで必要になる、「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取り寄せ業務を行います。さらに法定相続情報の作成と交付申請、遺産分割協議書の作成、預貯金の相続手続きも行います。

「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取り寄せ業務

相続の手続きで必要になる書類のうち、一番取得が難しい書類が「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」だと思います。 当事務所では、「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取寄せ業務を行います。この「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」は、被相続人の法定相続人(相続する権利を有する人)を確定するためにも、必ず用意しなければならない書類になります。

POINT

人は、生まれてから亡くなるまで、通常、何回かの戸籍の異動を経て、年月日死亡の記載のある最後の戸籍に至ります。 例えば婚姻、離婚、転籍、養子縁組、法改正に伴う戸籍の作り替え、被相続人が戦前生まれであれば戸主の死亡、隠居、分家など、 さまざまな原因で戸籍を異動します。相続の手続きではこの異動前の戸籍も全て取り寄せる必要があります。 異動前の戸籍を全て取り寄せることにより、例えば、現在の配偶者と婚姻する前に他に婚姻歴が無かったとか、 他に婚姻歴があったとしても前の配偶者との間には子はいなかったとか、昔認知した子がいなかったとか、 兄弟が法定相続人になる場合は父違いや母違いの兄弟はいないとか、そういうことが証明され、結果、誰が法定相続人 なのかが確定(証明)されるのです。

POINT

「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」ですが、取り寄せを請求する役所が一箇所で済むことはまずありません。 さらに取り寄せする通数も、平均すると約5~6通になることが多いです。被相続人の兄弟や甥姪が法定相続人になる場合は もっと多くなります。

法定相続情報の作成、交付申請

当事務所においては、「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取り寄せに加え、 「法定相続情報」という書面も依頼者様にお渡ししています。詳しくは以下のページをご覧ください。

遺産分割協議書の作成

遺産の分け方は、相続人全員の話し合いで決めるのですが、その話し合いの結果「誰が、どの遺産を相続するか」を 法的に整えて正式に書面で表し、相続人全員で署名し、実印で捺印したものを「遺産分割協議書」といいます。
「遺言書がある場合」「被相続人の法定相続人が一人しかいない」ケースでは遺産分割協議書の作成は不要ですが、それ以外のケースでは 必ず作成します。

遺産分割協議書は、預貯金の相続手続きや不動産の名義変更(相続登記)などで必ず必要になる書面です。当事務所では遺産分割協議書の作成はもちろん、作成に至るまでの事前アドバイスもご提供致します。

預貯金の相続手続き業務

「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取り寄せと遺産分割協議書の作成まで終われば、預貯金の相続手続きを行うことになります。 当事務所では預貯金の相続手続きもご依頼可能です。

費用について

「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」の取り寄せ 3万円(注1)
法定相続情報の作成、交付申請 2万円(注1)
遺産分割協議書の作成 5万円
預貯金の相続手続き 一金融機関につき5万円

(注1)被相続人の兄弟や甥姪が法定相続人に含まれる場合はプラス3万円

POINT

上記の他に、戸籍謄本の発行手数料、郵便代などの実費がかかります。

お問い合わせされるときは

当事務所に依頼を検討されている方で、お問い合わせをされる場合は、以下の情報を教えていただきたいので、お問い合わせフォームに記載していただくか、お電話の場合は予めメモなどご用意ください。

  • どなたが亡くなったのか(例:父)
  • いつ亡くなったのか(○年○月○日)
  • 亡くなった方の法定相続人は?(例:妻、長男、長女の3人)
  • 遺産の内容(細かい金額まではいいので、金融機関の名前、預金の種類、不動産の有無を教えてください。)
  • ページのトップへ戻る