不動産(土地や家、マンション等)に関する登記手続き
抵当権(根抵当権)の抹消登記

ホーム > 不動産登記 > 抵当権(根抵当権)の抹消登記

住宅ローンなど、金融機関からの借入れがあり、所有している不動産に抵当権(根抵当権)が設定されている場合、返済が終わった時は抵当権(根抵当権)を抹消する登記を法務局へ速やかに申請しなければなりません。

当事務所ではその手続を代行いたします。

POINT

返済が終わったからといって、金融機関自ら抵当権(根抵当権)の抹消登記をしてくれることはありません。抹消登記用の書類を送ってくるだけです。また、その送ってきた書類はそのまま法務局へ持ち込んでも申請できる状態ではなく、さまざまな情報を書き込んだり、さらに別途「申請書」を一から作成する必要もあります。

どこにどういった情報を書き込んだらいいのか、申請書の書き方は、そういった事について金融機関は一切援助してくれないのが現状です。
(返し終わったら冷たいものですが・・・)

また、書類を作成するにあたっては専門知識も必要になりますので、うっかり間違えたことを記載してしまうと、金融機関から送られてきた書類が使用できなくなってしまいます。(金融機関の訂正印がもらえないので)

POINT

土地や家屋、マンションの所有者が亡くなったことにより、生命保険が下りて住宅ローンが完済となり、抵当権を抹消する場合は、まず抵当権を抹消する前提として、相続登記(不動産の所有者を相続人に書き換える手続き)も必要になります。
相続登記の手続き詳細はこちらへ

 

抵当権(根抵当権)の抹消登記をする際に必要な書類

まずは「金融機関から送られてきた書類一式全て」「印鑑(認印可)」をお持ちになって、事務所へお越し下さい。

POINT

金融機関から送られてくる書類の中には、有効期限がある書類が含まれています。
金融機関から抹消登記用の書類が送られてきたら、なるべく早く(書類が送られてきてから遅くても1ヶ月以内には)ご相談下さい。

POINT

抵当権設定契約当時(借り入れをした当時)から、「抵当権設定者」(担保が付いている不動産の所有者のこと)の現在の住所や氏名が変わっている場合は、抵当権抹消登記をする前提として、「住所変更もしくは氏名変更の登記」も必要になります。
*金融機関から送られてきた書類の中に、「抵当権設定契約証書」という書類があると思います。その証書に書かれている「抵当権設定者」(担保が付いている不動産の所有者)が、現在の住所と同じかどうか、確認してみてください。

  • ページのトップへ戻る

抵当権(根抵当権)の抹消登記にかかる費用、司法書士報酬

実 費 司法書士報酬
  • 法務局に納める登録免許税
    (抵当権が付いている不動産1個につき1,000円)
  • 登記事項証明書
    (不動産1個につき600円)
  • 郵便代
2万円から
(抵当権が付いている不動産の場所や数、作成する書類の内容により、変わります)

依頼者の方にお支払いいただく金額は、実費と司法書士報酬の合計額となります。 正式なお見積書は、詳しくお話をお聞きした上で、ご提示致します。

 

抵当権(根抵当権)の抹消登記 手続の流れ

必要書類の確認

委任状に捺印

不動産を管轄する法務局へ登記申請

登記完了(申請してから約1週間~10日かかります)

完了書類一式をお渡し