不動産(土地や家、マンション等)に関する登記手続き
相続登記に必要な書類

ホーム > 不動産登記 > 相続登記に必要な書類

相続登記をするためには、非常に多くの書類を収集する必要があり、さらにイチから作成すべき法的な書面もあることから、一般の方が行うには多大な労力と時間が必要とされる、難しい手続きといえるでしょう。

ただし、当事務所にご依頼いただければ、ご依頼者様は下記の必要最低限な書類を予めご用意いただくだけで結構です。以下、具体的にご説明致します。

POINT

相続登記の手続き全般について知りたい方は「相続により、不動産の名義を変更する手続き(相続登記)のページ」をご覧ください。

 

必ず事前にご用意していただく書類

  • 相続人全員の印鑑証明書 各1通
    →もし相続人の中に印鑑登録をしていない方がいれば、お手数ですが新たに印鑑登録のうえ、印鑑証明書を取得してください。
  • 相続人全員の住民票(本籍地も記載れているもの) 各1通
  • 相続人全員の身分証明書のコピー
    →具体的には運転免許証もしくはパスポート、両方なければ健康保険証のコピーをご用意ください。
  • 相続する不動産(家、土地、マンション)の権利証(登記済権利証)
    →亡くなった方が不動産を取得されたときに発行されたものです。もし紛失等でみつからなければ、ご用意いただかなくても結構ですが、その場合は何か不動産に関係する資料等(契約書など)もしあればお持ちください。
  • 相続する不動産(家、土地、マンション)に関する、「平成○○年度 固定資産税・都市計画税 課税明細書」
    →毎年春頃に、不動産を管轄する都税事務所(東京都23区内の場合)または市区町村役場(東京都23区以外の場合)から送られてくる、固定資産税の納税通知書に同封されています。
    書面のタイトルは東京都23区の場合「平成○○年度 固定資産税・都市計画税 課税明細書」といいます(東京都23区以外の場合は少しタイトルは異なります)。
    見本はこちらをクリック

よく分からなければ、送られてきた固定資産税関係の書類をすべてお持ちください。もし紛失等でなければ、ご用意いただかなくても結構です。

基本的には当事務所で取得するので、ご用意いただく必要はありませんが、もし「既に取得したものがある」あるいは「相続人が自分の印鑑証明書と住民票を取得するときに、同じ役所で取得できる」という場合はご用意いただきたいもの

  • 相続人全員の戸籍謄本
    それぞれ、本籍地のある市区町村役場で取得できます。
  • 被相続人(亡くなった方)の住民票の除票(本籍地も記載されているもの)
    →亡くなったときに住民票のあった市区町村役場で取得できます。
  • 被相続人(亡くなった方)の、「年月日死亡」の記載のある、最後の戸籍(もしくは除籍)謄本 1通
    →亡くなったときに本籍地のあった市区町村役場で取得できます。
  • 上記以外の、被相続人の出生までさかのぼる、除籍謄本、改製原戸籍謄本一式
    →相続登記をするには、被相続人の出生までさかのぼる、除籍謄本、改製原戸籍謄本
    が全て必要になります。(相続人が誰かを確定する必要があるため)
    具体的には、

    • 被相続人が、転籍していれば、転籍前の戸籍
    • 被相続人の、婚姻前の戸籍

    などが必要になります。
    ※ちなみにこれらの戸籍を請求する市区町村役場は、通常、1箇所で済むことは殆どありません。

POINT

こちらに関しては、戸籍の知識も必要になり、さらに通常、複数の役所に請求することになるので、取得には手間や時間もかかるため、通常は当事務所で取得致します。
ただ、他の相続手続き(亡くなった方の銀行口座の解約など)で使用するために既に取得したものがもしあれば、それを持参していただければ結構です。なお、発行日による制限はありませんので、例えば取得して3ヶ月を過ぎていても大丈夫です。

その他、もしあればご用意いただくもの

  • 遺産分割協議書(誰がどの遺産を取得するかを記載し、相続人全員で署名捺印した書面)
    →通常は当事務所で作成致しますが、もし既に作成したものがあれば、お持ちください。
  • 遺言書
    →遺言書がある場合は必ずお持ち下さい。なお、公証人役場で作成された公正証書遺言以外の遺言書(自筆証書遺言等)は、家庭裁判所で検認を受けて開封をしなければなりません。
    遺言書の検認とは?手続方法
  • ページのトップへ戻る

相続登記に必要な書類について、個別具体的に教えて欲しいという方へ

当事務所に依頼を検討されている方で、まず相続登記に必要な書類を個別具体的に教えて欲しいという方は、お電話かメールをください。(もちろん、ご予約のうえ事務所にお越しいただいても結構です。)お問い合わせの際は、

  • どなたが亡くなったのか
  • いつ亡くなったのか
  • 亡くなった方が所有(共有)していた不動産は具体的に何で、どこにあるのか(例:練馬区に自宅の一戸建てと、栃木県に別荘を所有していた)
  • 亡くなった方の法定相続人は誰になるのか?(例:妻、長男、長女の3人)
  • 不動産を所有されていた方が亡くなった「あと」、亡くなった方はいないか(例:父が不動産を所有していたが、相続登記をしないうちに、母が亡くなった)
  • 相続人のうち、どなたが不動産を相続される予定なのか(例:妻が一人で相続する予定)

を教えていただきますので、メールに記載していただくか、お電話の場合は予めメモなどご用意しておいてください。

 

相続登記の手続き全般、費用、司法書士報酬等について

  • 相続登記とは?
  • 相続登記に期限はある?
  • 相続登記をしないで放置していることのデメリットは?
  • 司法書士に依頼すると何をしてくれるの?主な手続きの流れは?
  • 相続登記にかかる実費、司法書士報酬は?
  • どこの司法書士事務所に依頼しても同じ?

については以下のページでご説明しておりますのでご覧ください。